La notizia

【お知らせ】 北海道日伊協会の事務所を移転しました

2021年9月1日(水)北海道日伊協会事務局は下記へ移転しました。
新住所:〒060-0042  札幌市中央区大通西14丁目3番地みふじビル
電話番号:090-1306-1974
メールアドレス:conhkd@aig-hokkaido.com

イタリア語教室は、以下の会場で運営しております。
第1教室:「札幌市若者支援総合センター」
(札幌市中央区南1条東2丁目大通バスセンタービル2号館)
第2教室:「創生スクエア二階図書館内ミーテイングルーム」(札幌市中央区北1条西1丁目)及び
「ブライトサッポロスタジオ」(札幌市中央区大通東3丁目トルチュビル501号室)

第4回オンラインSALONE
『ダイエットは明日から!? イタリアのお菓子あれこれ』

ミキ・ツーリスト様及びミキトラベル・ローマ様のご協力を得て、今回はローマからのライブ配信で開催します。

イタリアは、日本同様、北から南まで長細い国。北と南では、天候・産物・食文化が異なります。ただ共通して言える事、それは、イタリアのお菓子はチーズ、卵、お砂糖たっぷりでも、全部食べ切ってしまいたくなるほど美味しいということ! そんなお菓子達のルーツは? 実はまだ余り知られていないけれど、まだまだある美味しいお菓子は? 名前の由来や歴史、この時期にしか味わえないお菓子や簡単に作れるレシピも丸ごと、イタリア在住20年のナビゲーターがご紹介します。

日 時:10月19日(火) 20:00開始
講 師:原田和実(はらだかずみ)さん(ローマ在住、ガイド)
2000年10月に渡伊。料理好きで、語学学校主催のマンマの料理教室に参加したり、イタリア各地で現地の人の話を聞き、その地方の料理やお菓子を日々研究している。
申込方法・参加料は、北海道日伊協会事務局/Eメール:conhkd@aig-hokkaido.com に
お問い合わせください。

※資料画像を使っての説明になります。ライブの街風景映像は含まれません。
※接続が簡単なオンラインシステムGo to webinarを利用しての参加になります。

北海道日伊協会公式SNS公開!

これまで公開していたFACEBOOKページに加えて、新たにInstagramとTwitterを開始しました。
北海道からイタリアに纏わる新鮮な話題を発信しています。
アイコンのリンクボタンから、ライブ感あふれるコンテンツをぜひお楽しみください。

検定対策や文章表現のスキルアップに
イタリア語作文添削コース開講

オンラインによる『イタリア語作文添削コース』が開講します。ご自身の目的に合わせたコースで、作文のスキルアップを目指しましょう。どのコースも、言語学に深い知識を持つマリアンナ・チェスパ講師が担当します。

ますます充実した内容で楽しく学ぶ
新たに加わった講師と新講座のご案内

エリーザ・ペッリカノさんと乾藍那さんが講師陣に加わり、イタリア語講座がますます充実。バラエティに富んだ内容で皆様のご参加をお待ちしています。 またスカイプによるオンラインレッスンも開始し、ご自分のライフスタイルに合わせた受講が可能になりました。 詳しくはイタリア語の各リンク先をご覧ください。

北海道日伊協会オンラインSALONE

ミキ・ツーリスト様及びミキトラベル・ローマ様のご協力を得て、フィレンツェからのライブ配信で開催します。

  『フィレンツェの芸術黄金時代 ~3人の巨匠が集まった奇跡の5年間 』 フィレンツェの芸術黄金時代1504年~1508年、伝説の巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、そしてラファエロが一堂に集まった奇跡の瞬間に増田さんの案内とともにタイムスリップをして、3人の関係性をひも解いてみませんか?

日 時:6月22日(火) 20:00開始
講 師:増田千穂さん(フィレンツェ在住、イタリア政府公認ガイド)
2006年にイタリアに留学。フィレンツェやピサの大学で美術史を学ぶ。現地ガイドとして活躍。絵画鑑賞が趣味。巨匠とよばれ遠い存在のように 思われがちな芸術家たちを、より身近に感じさせるガイディングには定評がある。
申込方法・参加料は、北海道日伊協会事務局/Eメール:conhkd@aig-hokkaido.com に
お問い合わせください。

※資料画像を使っての説明になります。ライブの街風景映像は含まれません。
※接続が簡単なオンラインシステムGo to webinarを利用しての参加になります。
※PCの場合、対応するバージョンは(windows7~10)。ただし、ipadや携帯の場合は、事前にアプリ(無料)のダウンロードが必要です。
接続の詳細については事務局までお問合せ下さい。

Progetto ORTONA 2.0⽂化協会、北海道⽇伊協会共催   第1回 オンラインセミナー
“Sospiro tra nevi e mar”  雪と海に横たわる嘆息
「800年代におけるアブルッツォ州の音楽をめぐって」

近代ヨーロッパで活躍したアブルッツォ州出身の3人の作曲家、F.P.トスティ、F.P.マシャンジェロ、G.ブラーガ。彼らはどのような時代に生き、どのような人達と接していたのでしょうか。また、同郷の詩人G.ダンヌンツィオの詩は、トスティの作品にいかなる影響を与えたのでしょうか。イタリアから2人の専門家が、その時代と芸術に迫ります。

日 時:2021年6月26日(土) 19:00~20:30
講演者:ミシャ・ジャンフランコさん(音楽家・トスティ協会図書館担当)
グルメッリ・エドゥアルドさん(イタリア学者・文学教員)
司会者・通訳者:チェスパ・マリアンナ(日本アブルッツォ州出身協会副会長)
言 語:イタリア語(日本語訳付き)
参加方法:Zoomでのオンライン参加になります。
①「セミナー申込、名前、居住地」を書いてメールでお申し込み下さい。
②参加料は無料です。
③申し込み締め切りは、6月24日です。

申し込み・問い合わせは、北海道日伊協会事務局/Eメール:conhkd@aig-hokkaido.com へ。

後援事業
hitaruオペラプロジェクト プレ公演「蝶々夫人」
札幌文化芸術劇場・北海道二期会共催

日 時:2021年2月21(日)14:00開演(13:00開場)
会 場:札幌文化芸術劇場 hitaru
ご好評につき本公演のチケットは予定枚数を終了しましたが、有料オンライン配信を行います。詳細は札幌市民交流プラザまたは北海道二期会のホームページでご確認ください。

▼2019年のお知らせ・イベント

イタリア語で気持ちを伝える喜びを
グループでレッスン、はじめてみませんか?

11月から初級イタリア語クラスが始まります。片桐亜古先生がわかりやすく丁寧に指導しますので、初めての方も、以前学習していたけれども間が空いてしまった方も、安心して受講いただけます(補講も可)。 休日の午後、グループレッスンで楽しくイタリア語を学びませんか。

11月開講。毎週日曜日15時〜16時
受講料:10,000円(1時間、4回/月)前納 冬季別途暖房料500円/月
教 材:講師がコピーを配布(コピー代実費)
申し込み・問い合わせ: Eメール conhkd@aig-hokkaido.com(事務局)
電話 011-241-0345(事務局)

Sagra(収穫祭)を楽しむ夕べ
~道産食材のイタリア料理とワインと共に~

この時期イタリア各地で行われる収穫祭Sagra。
地元の食材や特産物をテーマに、収穫の恵みに感謝しお祝いします。
味覚の秋、北海道のSagraをイタリアワインと共に楽しみましょう。

講 師:近江谷広樹さん (株)イーストン商品開発部長
(株)イーストンで商品開発や、イタリアワイナリーも廻ってワイン選定にも 関わっている
近江谷さんに、ワインの説明をして頂きます。

日 時:10月28日(月)18:30~
場 所:MiaAngela IKEUCHI店(北海道日伊協会法人会員)
会 費:4,500円(会員)5,000円(一般)
内 容:3種類のワイン各1杯+お料理5品
お申し込み締め切りは、10月19日(土)です。

後援事業
「イタリアからの贈り物Ⅱ」

日 時:10月4日(金)19時開演
会 場:ザ・ルーテルホール
入場料:4,000円
詳細は画像をクリックしてご覧ください。

後援事業  北海道二期会創立55周年記念公演
オペラ ガラ・コンサート&歌劇「道化師」

日 時:11月23日(土祝)24日(日)両日とも14時開演
会 場:札幌教育文化会館大ホール
主 催:一般社団法人 北海道二期会
北海道教育文化会館
問い合わせ:090-6266-5313
チケット取り扱い、各プレイガイド・北海道二期会の電話・アドレスへ。

北海道日伊協会 Salone d’Italia(イタリア懇話会)のお知らせ
「カラヴァッジョの放浪」

バロック絵画の先駆けとなったカラヴァッジョの北海道初登場(カラヴァッジョ展、北海道立近代美術館 8月10日~10月14日)を前に、北海道日伊協会は総会に合わせて7月20日、「カラヴァッジョの放浪」と題してサローネを開きます。 講師は2月に開いた『カラヴァッジョとバロック美術』に続いて谷古宇尚・北海道大学大学院教授(会員)。今回は第2弾として、殺人を犯しローマから逃亡後、南イタリア各地を流浪しながらも多くの傑作を生みだした彼の激動の生涯に迫ります。 講演後、展覧会に合わせてイタリア取材を行った土屋孝浩・北海道新聞編集委員から、ゆかりの地の映像を交え現地レポートを行って頂きます。

日 時:7月20日(土) 午後4時から5時30分
会 場:札幌グランドホテル 、東館3階 玉葉 (札幌市中央区北1条西4丁目)
会 費:会員300円、一般500円
終了後、懇親会があります(懇親会込み会費は会員6,500円、一般7,000円)
総会は午後3時から東館17階青雲で開催します。

後援事業    
「2019 Trofeo Tazio Nuvolari」

今年で19回目となるクラシックカーラリー「TrofeoTazioNuvolari 」が、 7月13日〜15日に開催されます。 スタートは、蔦屋書店・江別店。旭川を中心に道北を巡り、千歳サーモンパークが ゴールです。 過去3回ナビゲーターとして参加した当会のマリアンナ・チェスパさんは、スタッフ の一員として同行します。 ルートの詳細は、データをご覧ください。

後援事業    
NATSUKI ソロリサイタル 2019

「CRYING IN THE CHAPEL〜涙のチャペル」のリリースから15年。日本国内にとどまらず海外でも精力的に活動する、ゴスペルシンガーNATSUKIさんのソロリサイタルです。

日 時:6月20日(木)18:30開演
会 場:札幌コンサートホールKitara小ホール
入場料:3,500円(全席指定、当日4,000円)
詳細は画像をクリックしてご覧ください。

第11回  サローネCINEMAのお知らせ
『パンと恋と夢』(原題  Pane, Amore e Fantasia)1953年、91分

中部イタリアAbruzzo州の平和な村が舞台。独身の陽気な警察署長(ヴィットリオ・デ・シーカ)が赴任してきた。たちまち明るく天真爛漫な村娘マリア(ジーナ・ロロブリジーダ)にひかれる。同時に向かいに住む助産婦にも気があった。村中が噂し、固唾をのむ中でマリアの心は意外にも…。ほのぼのとしたラブ・コメディ。
『ノートルダムのせむし男』のエスメラルダ役で世界を魅了したイタリアきっての美人女優“ロロ”の若くまぶしいほどの魅力に触れることができる。
デ・シーカは『自転車泥棒』(1948年)などの作品でイタリア・ネオレアリズモを代表する監督として知られるが、ここでは主演俳優でありながら実に味な立ち回り役に徹している。
監督は『ブーベの恋人』のルイージ・コメンチーニ。ベルリン映画祭銀熊賞。1954年の興行収入15億リラ(約86億円)を記録したという人気作品。
会員の亀井富士人さん(江別)のミニ解説で、鑑賞と懇談を楽しみます。

日時:5月18日(土)16:00〜
会場:みべ音楽院5階ホール(中央区大通西14丁目南向き)
会費:会員500円、一般1,000円(ドリンク・おつまみ付き)

サルデーニャの伝統音楽にジャズやスペース・ロックがジャンルを超えて融合する
「Enzo Favata trio」ライブ

イタリア・サルデーニャ島出身のエンツォ・ファヴァータ氏は、島の伝統音楽にジャズのインプロヴァイゼーションや他国の民族音楽を取り入れた演奏で知られ、世界的に活躍するマルチリード奏者。また、映画、演劇、ラジオ、テレビのための作曲も手がけるなど多方面で活躍。
今回のユニットでも実力派ミュージシャンが集結し、独創的な世界を創り上げます。

会 場:「くう」 札幌市中央区南1条西20丁目1-25 アウルビルB1 電話:011-218-1656
・4月8日(月)Enzo Favata trio jazz workshop    詳細はこちら
・4月9日(火)Enzo Favata trio ライブ     19:30開場 20:00開演     詳細はこちら

北海道日伊協会 Salone d’Itaria(イタリア懇話会)のお知らせ
「カラヴァッジョとバロック美術」

この夏、バロック絵画の先駆けとなったドラマチックな天才カラヴァッジョが北海道に登場します(カラヴァッジョ展、北海道近代美術館 8月10日~10月14日)。人々を熱狂させた画家でありながら、盛り場で殺人を犯して逃亡、38歳でこの世を去る波乱の生涯。現存する真筆はわずか60点余といわれます。待望の展覧会を前に、谷古宇 尚・北海道大学大学院教授(会員)に、この興味深い画家とその時代について講演していただきます。

日 時:2月3日(日)Salone(16時~17時15分)
終了後希望者による新年懇親会(19:30終了予定)
会 場:札幌丸井今井大通館10階「ミチノイエ」個室スペース(札幌市中央区大通西2)
会 費:一般500円 懇親会費込みは会員4,500円、一般5,000円

後援事業
札幌文化芸術劇場 hitaru オープニングシリーズ 公募企画事業

北海道二期会オペラ「椿姫」(ヴェルディ作曲)

日 時:2019年3月10日(日)14:00開演
会 場:札幌文化芸術劇場hitaru
入場料:SS席 14,000円、S席 12,000円、A席 10,000円、B席 8,000円、
C席 5,000円、D席 3,000円
主 催:一般社団法人 北海道二期会
札幌文化芸術劇場 hitaru(札幌市芸術文化財団)
チケットは、市民交流プラザ・Kitara各チケットセンター、道新・大丸・教文各プレイガイドにて。

会報

会報66号をアップしました。
北海道日協会が発行している会報
※一部ページを抜粋して掲載しております。
お得な「学生会員」を募集

若い人たちが参加しやすいように、「学生会員」(年会費2000円)をご用意しています。 一般会員の半額以下です。この機会に北海道在住のイタリア人らと親しみ、懇話会 サローネ・ディタリア(SALONE D’ITALIA)などのイベントを楽しみませんか。 お申込みはこちら

イタリア語の通訳・翻訳承ります

日時、内容などご、詳しくはこちらに相談ください。

会員ページへログイン

広告欄

※ロゴをクリックしてください。

広告の掲載希望の方はコチラまで!!

page top